ワークライフバランス

今の職場が嫌になって、転職を考えた訳ではなかった田中さんは、上司にストレートに育児休暇や短時間勤務制度、フレックスタイム制度などの提案をしてみました。すると上司はそのまま、社内会議で議題として取り上げ、田中さんの提示した条件に加え、在宅勤務の導入まで、会議内で話し合ってくれたそうなのです。現在の職場で、育児と仕事のワークバランスがとれれば、田中さんは転職を考える必要はなくなります。すぐさま転職先の内定の辞退をエージェントに報告すると、社内の俊敏な対応に、田中さんの貴重な人材力が伺えますと残念そうに電話を切電したそうです。企業側も職場環境を整える事で、貴重な人材を失わずに済み上司たちは一同、胸を撫で下ろしたとの事でした。ワークバランスによる職場環境の整備は、労働者にも事業主にもメリットがある必要があります。また、そのようなお互いの関係を良好に保つべき機能がワークバランスには必須なのです。